優しかった笑顔だった 子を亡くした3家族の「喪の旅」

有料会員記事

河合真美江
[PR]

 全日空の客室乗務員だった長女は6年前、フライト先のニューヨークで急死した。奈良市永井隆裕さん(64)、有子(ありこ)さん(64)夫婦は、自宅の庭に6畳ほどのガーデンハウスを建てた。名前は「シオリハウス」。訪れる同僚や友だちと思い出話をする場だ。

 全日空の客室乗務員だった長女は6年前、フライト先のニューヨークで急死した。奈良市永井隆裕さん(64)、有子(ありこ)さん(64)夫婦は、自宅の庭に6畳ほどのガーデンハウスを建てた。名前は「シオリハウス」。訪れる同僚や友だちと思い出話をする場だ。

今回は、お子さんを亡くされた3家族にお話をうかがいました。それぞれの「喪の旅」です。

 「いろんな国の人と出会って話したい」。史織さんはそう言い、高校から客室乗務員を志した。英語を猛勉強し、夢をかなえた。ベトナム航空などを経て全日空へ。国内線から国際線乗務になり、14年秋から念願のニューヨーク便やロンドン便に乗るようになった。

写真・図版
「シオリハウス」で娘を思う永井隆裕さんと有子さん=2021年6月24日、奈良市

 「仕事が好きで意欲に燃えていました」と有子さん。茶道やワイン、料理と習い事をしたのも、きめ細かいサービスがしたかったのだと思う。

 頭痛がひどく、脳の精密検査を受けたこともある。だけど、まさか――。15年3月、ニューヨークで脳梗塞(こうそく)で倒れたという知らせ。家族で駆けつけ見守るなか、3週間後に亡くなった。31歳だった。吹雪の舞う現地で火葬した。「煙突から上る煙を見たときは悲しかった」と隆裕さん。

 帰国後のお別れ会には同僚や友だち130人が来てくれた。「しおりんの笑い顔ばかり思い出す」と友人たち。先輩の顔を見て、「シミのでき始めですよ。気をつけないと」とアドバイスしたとか、友人同士を引き合わせてカップルを10組以上も誕生させたとか。有子さんは「父親に似て、ひょうきん者。自分は結婚せず、他人の世話ばかりやいて」と泣き笑った。

 有子さんは毎朝、米国から持…

この記事は有料会員記事です。残り1571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら