失踪のウガンダ人選手、名古屋駅の防犯カメラに映る

松島研人
[PR]

 東京五輪出場に向けて来日したウガンダ人選手(20)が行方不明になっている問題で、この選手とみられる男性がJR名古屋駅の改札口を通過する様子が防犯カメラに映っていることが、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警が行方を捜している。

 行方不明になっているのは重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手。9人のウガンダ選手団の1人として来日し、大阪府泉佐野市の宿舎で事前合宿をしていたが、代表から外れ、20日に帰国予定だった。JR熊取駅大阪府熊取町)で16日午前6時半ごろ、名古屋行きの新幹線の切符を買う姿がカメラに映っていた。

 同選手の部屋には「ウガンダの生活は厳しいので、ウガンダには帰らない。日本で働きたい。部屋の荷物は家族に渡して欲しい」という内容のメモがあったという。来日選手は原則として宿泊先と競技場などを除いた移動は禁じられている。(松島研人)