• アピタル

濃厚接触選手、五輪とプロ野球・Jリーグで扱いどう違う

有料会員記事新型コロナウイルス

吉村良二、潮智史
[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックに出場する南アフリカ男子サッカー代表チームで、2選手を含む3人が新型コロナウイルス陽性、21人が濃厚接触者と判定された。

 同国は22日、1次リーグ初戦で日本と東京で対戦する予定だ。大会組織委員会は試合開始6時間前に陰性判定が出れば、濃厚接触者でも試合に出られるとしており、日本のプロ野球やJリーグとは対応が異なる。

 プロ野球やJリーグでは、各自治体の保健所の判断に従うことを原則とし、濃厚接触者は出場できない。日本野球機構(NPB)関係者は「五輪では柔道やレスリングなど接触するスポーツがあり、対応は難しい。プロ野球と違って日程の延期や変更もできないので、競技当日に陽性者や濃厚接触者が出たらどうするのだろうか」と心配する。

 NPBやJリーグにとっても悩ましかったのは、試合までに保健所の判断が間に合わなかった場合だ。

 実際に昨年8月、プロ野球ソフトバンクの2軍で調整中だった選手1人がPCR検査で陽性判定を受けた。1軍選手との接触は確認されなかったが、地元保健所の濃厚接触者の認定が間に合わなかったため、1軍の試合を中止にせざるをえなかった。Jリーグも昨年7月、同様の事例で中止に追い込まれた。

 こうしたケースをなくすため、NPBやJリーグは、保健所の認定を待たずにすむよう、独自により厳しい基準を定めた。

NPB関係者「会議で組織委の反応薄かった」

 NPBは全選手に毎日の行動…

この記事は有料会員記事です。残り473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]