階段崩落、大工ら「ずさん工事」を証言 「幹部は無視」

有料会員記事

岩田恵実、角詠之
[PR]

 東京都八王子市の賃貸アパートで4月、外階段が崩れ住民の女性(当時58)が死亡した事故で、施工した則武地所(相模原市破産手続き中)の下請け会社で大工をしていた男性(70)が朝日新聞の取材に応じた。男性は「ずさんな工事をしていた。何度も改めるよう言ったが、(則武地所の幹部が)聞く耳を持たなかった」と証言した。

元社員も認める「いつか事故が起きると思っていた」

 男性は2年前までアパートの…

この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。