小池知事「人権に配慮した大会に」 小山田氏問題めぐり

釆沢嘉高
[PR]

 東京オリンピック(五輪)の開会式で作曲を担当していたミュージシャンの小山田圭吾さんが、過去に同級生や障害者をいじめた経験をインタビューで語っていたことをめぐり辞任した問題について、東京都小池百合子知事は20日、「もともと、大会が多様性と調和を理念としてあげている。その観点からも人権に配慮した大会にすべきと考えています」と述べた。今回の人選が、必ずしも適切ではなかったとの見方を示したものだ。

 都庁で記者団の質問に答えた。小池知事は「それらのことがしっかりとみなさんに理解していただける対応を、これからもしていく必要があると思います」とも話した。(釆沢嘉高)