真夏に咲く桜、五輪英代表おもてなし 川崎の生け花作家

有料会員記事

大平要
[PR]

 東京五輪パラリンピックの事前キャンプで等々力陸上競技場川崎市中原区)のロビーを訪れる英国代表チームの選手たちを、季節外れの桜が出迎えている。地元の生け花作家が開発したものが、最高のタイミングで出番を迎えた。

 川崎市宮前区の生け花作家、名古屋徹さん(59)の庭には、名古屋さんが「花が喜ぶ部屋」と名付けた大きな「箱」が置かれている。30平方メートルほどで高さは4~5メートル。扉を開けると、ひんやりとした部屋の中で、2~3メートルほどの枝が数十本、壁に立てかけられていた。ところどころに、濃いピンク色の桜の花。

 名古屋さんは生け花に使う花を自ら育てている。「トウカイザクラを改良したもの。市内と横浜市にあるうちの農場で、昨年12月ごろに切り出しました」

 屋外で満開になるのは3月上…

この記事は有料会員記事です。残り869文字有料会員になると続きをお読みいただけます。