天皇陛下の五輪開会式出席を発表 開会宣言読み上げへ

 宮内庁は20日、天皇陛下が23日の東京五輪開会式に出席すると発表した。会場の国立競技場東京都新宿区)に足を運び、開会宣言を行う。皇后雅子さまは、コロナ対策で各国首脳らの配偶者などの同伴者を減らしていることを勘案し、同席しない。

 開会宣言は、五輪憲章で開催地の国の国家元首が読み上げると規定されている。1964年の東京五輪、72年の札幌冬季では昭和天皇、98年の長野冬季では上皇さまがそれぞれ開会を宣言した。

 発表によると、天皇陛下は皇居・宮殿で、22日にバッハ会長ら国際オリンピック委員会関係者と面会し、23日には来日した各国首脳と面会。その後、陛下は国立競技場へ移動し、開会式に出席する。宮殿での面会は感染防止対策を徹底し、飲食や長時間の懇談はしないという。無観客開催に伴い、陛下や皇族方の現地観戦も行わない。

 コロナ禍での開催に賛否が割れる中で、陛下が「五輪憲章2020年版・英和対訳」で開会宣言の文言として記されている「オリンピアードを祝う」と述べることが「天皇が五輪を支持しているととらえられかねない」との懸念があり、陛下が開会式に出席するかを含めて「調整中」とされていた。

 五輪憲章2020年版で、「プロトコル(儀礼上の約束事)」として、和訳されている開会宣言の文言は次の通り。

 「わたしは、第○回近代オリンピアードを祝い、○○(開催地)オリンピック競技大会の開会を宣言します」

  • commentatorHeader
    鵜飼啓
    (朝日新聞オピニオン編集長代理=国際)
    2021年7月20日15時57分 投稿
    【解説】

    開会宣言にある「オリンピアード」というのは耳慣れない言葉ですが、「オリンピック暦」などと訳されます。アテネで第1回大会が開かれた1896年を起点とし、4年ごとに区切った期間を指します。「第32回近代オリンピアード」は2020年1月1日から2