羽生結弦に「重み普通じゃない」 恩師が語る4回転半

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 フィギュアスケート羽生結弦(26)=ANA=は今季も前人未到のクワッドアクセル(4回転半)に挑む。元コーチの山田真実さん(47)はその姿をどのように見ているのか。教え子への思いやエールを語ってもらった。

 「私なら『やらなくていいよ』って言っちゃうと思う。けがが心配だし、4回転半がなくても、特別なオーラとか、彼の魅力っていっぱいあるんだから」

 7月上旬、札幌市内で取材に応じた山田さんは苦笑いしながら語った後、こう続けた。

 「でも、誰が何を言ってもやるんじゃないですか。結弦は新しいことに挑むのが大好きだから」

 羽生がスケートを始めた4歳から小学2年になるまで、仙台市で指導した。「やんちゃで、落ち着かせるのが大変な子でした」。ただ、ジャンプの才能は特別だった。

 なかでも、アクセルについては強烈な記憶がある。

 羽生が幼稚園の年長で1回転…

この記事は有料会員記事です。残り1198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]