宇宙旅行「当選」から16年 日本人会社員「やっと」

有料会員記事

石倉徹也
[PR]

 アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏が20日、開発したロケットで顧客を乗せた初の宇宙旅行に挑む。米ヴァージン・ギャラクティックも早ければ来年に始める予定で、民間宇宙旅行が本格化する。予約している顧客の多くはハリウッド俳優や実業家らセレブだが、中には日本人の「普通の会社員」もいる。

 船井総合研究所の経営コンサルタント稲波(いなみ)紀明さん(44)は、米ヴァージン・ギャラクティック宇宙旅行を予約した最初の100人の一人だ。「毎年『来年は行ける』と言われ続け、詐欺にあったような感じだったが、やっと近づいたと実感しています」

 ここまでは長かった。

親は反対、完成遅れる間に結婚、子ども誕生

 ヴァージンは04年、飛行機型の宇宙船で民間初の宇宙旅行を始めると発表。翌年、募集を始めた。この時の日本人枠は1人だった。

 システムエンジニアだった稲…

この記事は有料会員記事です。残り1171文字有料会員になると続きをお読みいただけます。