ペルー新大統領、急進左派の教員に カスティジョ氏勝利

有料会員記事

サンパウロ=岡田玄
[PR]

 当選者がまだ確定していなかった南米ペルーの大統領選で、選挙管理当局は19日、小学校教員で労働組合活動家の急進左派、ペドロ・カスティジョ氏(51)が当選したと発表した。アルベルト・フジモリ元大統領の長女、ケイコ・フジモリ氏(46)は一部の票の無効を訴え、逆転を狙ったが認められなかった。(サンパウロ=岡田玄)

フジモリ氏長女は敗北

 選管はカスティジョ氏の当選発表に先立ち、ケイコ氏陣営の申し立てを「全会一致で却下した」とツイート。ケイコ氏は「結果を受け入れる」と記者会見で述べ、敗北を事実上認めた。

 新大統領は7月28日に就任する。任期は5年。「次の時代の扉が開いた。より公正で、尊厳の守られる国にする戦いに力を貸してほしい」。19日夜、カスティジョ氏は首都リマで所属する「自由ペルー」党本部のバルコニーに立ち、トレードマークの白い帽子姿で勝利演説した。紙吹雪が舞い、支持者たちは「団結した人民は打ち負かされない」と連呼して応えた。

 大統領選の決選投票は6月6日にあり、選管発表によると、開票率100%でカスティジョ氏の得票率が50・13%、ケイコ氏が49・87%だった。だが、ケイコ氏陣営が「カスティジョ氏陣営による組織的な不正」を主張して数十万票を無効にするよう申し立て、1カ月以上、審査が続いた。

 ペルーでは不安定な政治情勢…

この記事は有料会員記事です。残り1261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら