十両の貴源治が大麻使用、尿検査で陽性 相撲協会発表

[PR]

 日本相撲協会は20日、十両の貴源治(24)=本名・上山賢、栃木県出身、常盤山部屋=が大麻を使用していたと発表した。内部通報をもとに協会が本人を聴取し、19日に尿検査を行ったところ、陽性反応が出たという。

 貴源治は元横綱貴乃花がおこした貴乃花部屋から2013年夏場所デビュー。貴乃花部屋の消滅に伴い、千賀ノ浦部屋(現常盤山部屋)に移籍した。19年名古屋場所新入幕

 双子の兄の貴ノ富士は暴力問題を起こし、19年10月に引退した。その問題の際、貴源治も、部屋での指導法に問題があったとして譴責(けんせき)処分を受けていた。