二階氏「選挙区行ったらオーバー目」 安倍氏発言牽制

[PR]

 自民党二階俊博幹事長は20日の記者会見で、次期衆院選新潟2区をめぐり、自派の議員と公認争いをする細田派と同派出身の安倍晋三前首相を牽制(けんせい)した。安倍氏が細田派の細田健一衆院議員の会合で「公認候補は細田さんで決まりだ」と発言したことについて、「それぞれ選挙区へ行ってお話をされる場合、ややオーバー目にお話しするのが通常のことだ」と語った。

 新潟2区では、二階派鷲尾英一郎衆院議員も立候補をめざす。安倍氏は今月10日に行われた細田氏の国政報告会で講演し、「議席を守り続けてきた細田さんが公認にならない。皆さん、こんなことはあり得ませんよ。あってはならない。私はそう確信をしている」と語った。

 二階氏の発言はこの安倍氏の発言を牽制したもの。「その(安倍氏の)発言にこちらでとりたてて意見を申し述べることはない」とも語った。二階、細田両派は群馬1区でも所属議員が公認争いをしており、派閥を巻き込んでの権力争いが過熱している。