粘り強い組織へ 検察ナンバー2の東京高検検事長が会見

金子和史
[PR]

 東京高検検事長に16日に就任した甲斐行夫氏(61)が20日会見し、「検察庁は正義を実現することに真価がある。粘り強く国民のために職務に取り組む組織を目指したい」と語った。

 甲斐氏は大分県出身。最高検刑事部長や東京地検検事正、福岡高検検事長などを歴任し、オウム事件の公判や被害者保護を盛り込んだ刑事訴訟法の改正に携わった。会見では刑事裁判手続きのIT化にも触れ「(現状は)非常に保守的なやり方をしていると思う。東京高検としても最大限の協力をしていかないといけない」と述べた。(金子和史)