5歳児の教育プログラム 文科省が作成へ 慎重論も

会員記事

伊藤和行
[PR]

 幼児期から小学校への移行をスムーズにするため、文部科学省は5歳児向けの教育プログラムを作ることを決めた。今年度中にまとめ、来年度から一部地域の幼稚園や保育園などでモデル事業を試行する。内容を検討する中央教育審議会の特別委員会が20日あり、行きすぎた早期教育にならないよう求める意見も出た。

 幼児教育・保育は2019年10月に無償化されており、共通のプログラムにより、すべての5歳児に一定程度の学びの質を保障する狙いがある。小学校入学後に集団生活になじめなかったり先生の言うことが理解できなかったりする「小1問題」の解消も図る。

 この日の特別委では、幼児期に重要な学びを「五感を通じた体験」「遊び」などと示した。特に5歳児の遊びの例として、植物をすりつぶして作った色水を混ぜたり、砂場で穴の深さを調節しながら水路を掘ったりすることを挙げたほか、タブレット端末で撮った写真を使った物語作りも示した。担当者は「遊びの中で考え、経験を生かし、友達と協力しながら学ぶ。一人ひとりの特性に応じた指導が大切」と述べた。

 国はこれまで、17年告示の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。