まぶしいと、くしゃみが出るのはどうして?

有料会員記事

[PR]

「まぶしいとなぜくしゃみが出る?」 

兵庫県・濱口真先さん(高1)の質問

ののちゃんのDo科学

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。science@asahi.comメールする

 ののちゃん ハックション! なんか、鼻がムズムズするな。

 藤原先生 やだ、ののちゃん。鼻水も出ているじゃない。

 ののちゃん へへへ。でも、くしゃみってなぜ出るの?

 先生 鼻に何かが入ってきた時に、鼻水ごとふき飛ばして鼻の中のおそうじをするためにくしゃみをするんだよ。ふつう、鼻の中の粘膜が刺激されると鼻水が出始める。すると、「鼻水が出た」という信号が脳の「くしゃみ中枢(ちゅうすう)」にとどいて、そこから「くしゃみを出せ」という指示が出て、くしゃみが起きる。くしゃみをするとき、人はどんな顔している?

 のの 鼻が上がって、口は半開き。おまけに目もつぶっちゃう。変な顔だから恥ずかしいな。

 先生 くしゃみ顔だね。くしゃみをするときは、まず息を吸い込んでから、肺をつぶしてのどを開いて空気を出すの。このとき、口を閉じていて空気が全部鼻を通ることになると、耳に空気が抜けて鼓膜が破れたりして危険。だから、あまった空気を逃すために口を開くんだ。多くの空気を通すために鼻をあけようとすると、ほっぺたが持ち上がるので、目は閉じてしまうわけ。くしゃみのしぶきは新幹線なみの速さになるらしいよ。くしゃみは体全体で行うので、体力を使うんだ。

 のの へー。そういえば、友達は太陽を見るとくしゃみが出るって言ってたよ。

 先生 「光くしゃみ反射」と…

この記事は有料会員記事です。残り622文字有料会員になると続きをお読みいただけます。