ブーケ眺めてストレス低減 花の効果、農研機構など確認

有料会員記事

熊井洋美
[PR]

 新型コロナウイルス感染対策で、東京では緊急事態宣言が続く。各地でも引き続き警戒が強まり、せっかくの夏をピリピリした気分で過ごしている人も多いのではないか。花に力をもらって、気分を盛り上げようと、初心者でも気軽に楽しめるヒントを専門家に教えてもらった。

 花を眺める効用については昨年、農研機構と筑波大学の研究チームが「ストレス低減効果」について報告をまとめている。平均24・4歳の35人を対象に、事故の場面やヘビ、虫といった多くの人が不快に感じる画像を見てもらった後で、青空、花、椅子の3種類の画像も見てもらった。花の画像を見たとき、ストレスで上昇していた血圧は最大で3・4%低下し、低下の幅は他の画像に比べて有意に大きかった。

 また、32人(平均21・6歳)について唾液(だえき)に含まれるストレスに対抗するホルモン「コルチゾール」の値を調べたところ、ストレスにより上昇したコルチゾールの値は、花の画像を見たことにより21%低くなったことが確認されたという。「花を生活に取り入れることで、日常のストレスを軽くできる可能性がある。日々変化する生花なら効果はさらに高まることが期待されます」と、望月寛子・上級研究員は話す。

 室内に花を置いて日々のスト…

この記事は有料会員記事です。残り852文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら