お盆のJR指定席予約、過去2番目の低さ 昨年から微増

[PR]

 JR旅客6社は20日、お盆期間(8月6~17日)の新幹線と在来線の特急などの指定席予約状況を発表した。19日現在の予約席は計84万席で、記録がある1995年以降で2番目に低かった。新型コロナウイルスの影響がなかった一昨年比で24%、昨年比では110%と微増になった。JR東海によると、東海道新幹線は、昨年比で96%とほぼ横ばいだった。