横浜商、4回戦で敗退 エース救援でも勢い止められず

土居恭子
[PR]

(20日、高校野球神奈川大会4回戦 横浜清陵5-4横浜商)

 横浜商のエース山口塁投手(3年)は2点を追う六回途中から救援した。初戦では七回参考ながら完全試合を達成した右腕。しかしこの日は味方のエラーで追加点を奪われると、七回表には横浜清陵の上位打線につかまりリードを5点に広げられた。

 その裏には自身の本塁打で反撃の口火をきると、初戦で見せた快投を思い出させる六つの三振を奪った。打線は九回にも追い上げを見せたが、あと1点及ばなかった。

 試合後、ベンチで選手たちは泣き崩れて動けなかった。涙が止まらずうつむく山口投手は「悔しい」と声を絞り出すのが精いっぱいだった。(土居恭子)