「魂込めてアホやる」桂二葉 めざすは枝雀ゲストは鶴瓶

有料会員記事

篠塚健一
[PR]

 甲高い声とキノコ風の髪形が高座でハジけている。桂二葉(によう)(34)がこの秋、初の独演会を開く。ゲストにあの大物落語家を迎えて。

 「佐々木信濃守(しなののかみ)はアホやなあ、言うてました」

 「わたいに怒ったかて知りまへんでえ。仙人がそない言うてはりまんねん」

こどもに込める思い

 純真なこどもがよく似合う。おけ屋の息子がとんちで奉行を負かす「佐々木裁き」で、昨年はNHK新人落語大賞の本選へ進んだ。

 「こどものネタはすごく気が入ります。まわりの目を気にして出せなかった自分をさらけだせるから」

 大阪市出身。中学のころの通…

この記事は有料会員記事です。残り573文字有料会員になると続きをお読みいただけます。