千日手の末、菅井八段が羽生九段下す 将棋・A級順位戦

村瀬信也
【順位戦LIVE】▲菅井竜也八段-△羽生善治九段(解説・戸辺誠七段)【第80期将棋名人戦・A級順位戦】
[PR]

 渡辺明名人(37)への挑戦権を争う第80期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の2回戦、羽生善治九段(50)―菅井竜也八段(29)戦が20日、東京都渋谷区将棋会館で指された。千日手指し直しの末、菅井八段が21日午前1時24分に117手で勝利した。成績は共に1勝1敗となった。

 対局は20日午前10時に開始。前例の少ない力勝負が繰り広げられたが、同一局面が4回現れて決着がつかなくなる「千日手」が午後9時19分に成立した。

 午後9時49分に指し直し局が始まり、先手番を握った菅井八段の作戦は中飛車。駒組みの末、21日午前0時近くになって本格的な戦いに突入。終盤、羽生九段が鋭い踏み込みを見せたが、菅井八段がうまくしのいで反撃に転じ、勝利を収めた。

 A級順位戦は、トップ棋士10人が総当たりで戦うリーグ戦。村瀬信也