ごみポイ捨ての疑い、男を逮捕 「300回以上捨てた」

[PR]

 埼玉県警川越署は19日、狭山市柏原の運送会社員の男(55)を廃棄物処理法違反(投棄禁止)の疑いで逮捕し、発表した。署によると、逮捕容疑は6月18日未明、川越市今福の県道上に、菓子パンの包装袋や弁当の空き箱、たばこの吸い殻などが入ったポリ袋1個を捨てたというもの。調べに対し容疑を認め、「1年以上前から300回以上捨てた」などと述べているという。

 1年ほど前から現場付近の住民や川越市の担当課から署へ相談があり、近くの防犯カメラなどを調べていた。男は「自宅へ持ち帰るのが面倒だった」と話しているといい、署は、仕事中に出たごみをバイクで帰宅中に捨てていたとみて調べている。