昨年の転職者数、10年ぶり減少 コロナ禍が影響

有料会員記事

内藤尚志
[PR]

 2020年に転職した人の数は、前年より32万人少ない319万人で、10年ぶりに減少に転じた。厚生労働省が今月公表した21年版「労働経済の分析」(労働経済白書)に盛りこみ、新型コロナ禍による雇用情勢の悪化が響いたと指摘した。

 総務省労働力調査をもとに、比較できる02年以降のデータを厚労省が分析した。過去1年以内に仕事を辞めて、職場を移った働き手を「転職者」とした。

 20年は、これまで最も多かった19年の351万人から1割近く減った。リーマン・ショックの影響が本格化した10年に1割超減り、283万人に落ちこんで以来の前年割れだった。

 20年の転職者のうち、前の…

この記事は有料会員記事です。残り312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら