五輪ソフトボール会場近くにクマ 福島、試合当日の朝に

飯島啓史
[PR]

 21日午前5時15分ごろ、福島市のあづま総合運動公園近くの荒川沿いで、通行人の男性が河川敷を東に歩く体長約1メートルのクマを見つけた。発見現場から約1・5キロ離れた公園内には、21日に始まった五輪ソフトボールの会場となる福島あづま球場があり、警察官らが付近を警戒している。

 福島署によると、現場はサイクリングなどを楽しめる公園内の「サイクルスポーツ広場」南側の河川敷。通報を受け、公園関係者や警察官らが付近を回り、クマを追い払うため、爆竹を鳴らすなどしたという。

 同公園では20日朝も体長約1メートルのクマが目撃されている。署幹部は「同じクマかどうかは分からない」と話している。(飯島啓史)