宝塚版ホームズ堂々と 宙組新人公演で初主演の亜音有星

有料会員記事宝塚歌劇団

田部愛
[PR]

 宝塚歌劇団の宙組「シャーロック・ホームズ―The Game Is Afoot!」の新人公演が7月20日、宝塚大劇場であった。ホームズ役の亜音有星(あのん・ゆうせい)と、ヒロインのアイリーンを演じた山吹(やまぶき)ひばりは、ともに初の主演ながら堂々と演じきった。

 「世界で愛されるシャーロック・ホームズを自分がどんな風に演じれば良いか、悩み、葛藤する毎日でした。たくさんの方に支えて頂き、今日を迎えることができました」。終演後のあいさつで、亜音は時折声を詰まらせながら感謝の思いを伝えた。

 入団5年目の亜音は、本公演でホームズを演じたトップスターの真風涼帆(まかぜ・すずほ)の姿にあこがれ、「真風さんみたいになりたい」と思っていたという。でも新人公演を前に本人からもらったのは「自分らしく、自信を持って演じたら良いんだよ」という言葉。「真風さんは本当にあたたかくて、いつも前向きに、不安にさせないように伝えてくださる。こうして舞台にたてているのは真風さんのおかげだと思います」

 入団3年目の山吹も、トップ…

この記事は有料会員記事です。残り383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。