放置タケノコがお宝に大変身 純国産メンマプロジェクト

有料会員記事

阿久沢悦子
[PR]

 採り損なって伸びたタケノコを塩漬けし、「純国産」のメンマを作る。そんな取り組みが全国に広がっている。農家の高齢化に伴って放置竹林が増え、周囲の木を枯らし、土砂災害につながる恐れもある。こうした竹林の整備を、メンマ作りで「食べて応援」する試みだ。

メンマ市場の大半が中国・台湾産

 大半が中国や台湾からの輸入物だったメンマ市場。福岡県糸島市の日高栄治さん(75)は、そこに国産で参入しようと提唱した。大手化学会社を早期退職後、2010年に「糸島コミュニティ事業研究会」を立ち上げ、竹林整備と地域活性化の両立を目指してきた。

 日高さんは、タケノコが高さ1~2メートルに伸びた状態を「幼竹」と名付けた。竹林整備ではこの幼竹を間引くのが最も効率的だ。春の竹はまだ柔らかく、根元を蹴ったり、ノコギリで切ったりすれば倒れる。

 そのまま捨てられるこの幼竹に価値をつけられないか。思いついたのが、メンマだった。

 皮をむいて節を除き、長さ5…

この記事は有料会員記事です。残り1472文字有料会員になると続きをお読みいただけます。