スタートダッシュ生む特異な走り 男子100m多田修平

有料会員記事陸上

加藤秀彬
[PR]

 陸上男子100メートル代表の多田修平(25)=住友電工=はひときわ変わった走りをする。スタートから中盤まで前を見ず、首を下げて走る。教科書通りとは言えない走法が、最大の武器のスタートダッシュを生む。

 6月の日本選手権決勝。地面をはうように低く飛び出した多田が抜け出した。顔を上げたらすでに独走状態。そのままゴールし、初優勝で代表入りを決めた。

 「3年連続で5番だった。やっと優勝できた」

 大学3年生だった2017年の日本選手権で2位。一躍注目を集めたが、翌年から苦しんだ。

 「飛行機が離陸する」という…

この記事は有料会員記事です。残り607文字有料会員になると続きをお読みいただけます。