ブルーインパルス、都心で五輪描く 開会式へ予行演習

【動画】ブルーインパルス、五輪開会式リハーサル飛行=野津賢治、熊倉隆広撮影
[PR]

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が東京五輪の開会式に合わせて23日、東京上空で飛行を披露する。これを前に予行演習が21日にあり、本番と同じ動きで上空に五輪マークを描いた。

 空自入間基地(埼玉県)を離陸した6機は午後0時45分ごろ、開会式の会場となる国立競技場の上空約1キロに現れた。先導する1機を除く5機が白いスモークで円を描き、瞬く間に五輪ができあがった。

 本番の23日は、青、黒、赤、黄、緑のカラースモークを使用。JR東京駅東京タワー、都庁近くをめぐる。飛行は開会式の前に行い、時間は直前に空自のツイッターで公表する予定。