王者・東海大相模を八回まで1失点 自信のカットで好投

土居恭子
[PR]

(20日、高校野球神奈川大会 東海大相模7-1川和)

 春の甲子園を制した東海大相模打線に、川和のエース吉田悠平投手(3年)は好投していた。直球に強いと分析し、鋭く曲がるカットボールでフライアウトを重ねる。だが、中盤から脚がつり始めていた。

 七回表、先頭打者に二塁打を浴びて2死三塁のピンチ。打席に好打者の大塚瑠晏(るあん)主将(3年)を迎えた。

 「困ったらカットボール」。試合前から決めていた。2学年上の先輩に投げ方を教わった一番自信のある球だ。右腕を振ると、打球は快音をあげた。振り返って飛球の行方を追う。右翼手が背中をフェンスに当てキャッチすると、吉田投手は力強く右拳を握った。

 6月に組み合わせが決まってから、選抜大会王者と対戦することがチームの目標となった。試合前、伊豆原真人監督は「今年の相模とやれるって幸せだよね」と選手に呼びかけた。吉田投手は「相模のような強豪私立に勝つためにやってきた」と気合を入れた。

 二回表、本塁打で先制されたが、直後に荒畑諒人選手(3年)が適時打を放ち1―1に。外野手がフェンスぎりぎりで守る作戦もはまり、同点のまま終盤戦に持ち込んだ。

 相手は七回裏からエース石田隼都投手(3年)を投入。吉田投手はベンチ裏で脚と肩をほぐしてもらいながら踏ん張った。だが九回に力尽き、代わった投手も打ち込まれた。

 スコアは1―7。試合後「最後まで投げたかった」と目を赤くした。それでも優勝候補を追い詰めた137球の熱投に、スタンドから拍手が途切れなかった。(土居恭子)