「2年ぶりに帰省」「断捨離」 夏休み、どう過ごす?

有料会員記事ニュース4U

山根久美子
[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

 コロナ下で迎える2度目の夏。「第5波」が全国に広がり、旅行や帰省をためらう人も多いのでは。あなたはどう過ごしますか?

 アンケートは16~18日、SNSで悩みや疑問を募る「#ニュース4U」のLINE公式アカウントに登録している「友だち」を対象に実施(570人が回答)。この夏に旅行や帰省の予定があるか尋ねたところ、「はい」と回答したのは134人(24%)、「いいえ」は357人(63%)、「迷っている」は79人(14%)だった。

 大津市の主婦(53)は「自分も家族もワクチン接種ができていないので、この夏休みも我慢。最優先の予定はワクチン接種です」と回答した。

 新型コロナウイルスのワクチンを接種したかどうかで、旅行や帰省を判断する人は他にもいた。大阪府の50代の女性は「実家の両親も私もワクチン接種を終えた。2年ぶりに帰省したい」。鹿児島県の主婦(36)は「ワクチン接種が終わった祖父母に会いに行く」と答えた。

 昨年は旅行や帰省をしたかどうかについても尋ねたところ、「はい」は105人(18%)、「いいえ」は465人(82%)だった。昨年より今年の方が遠出する人の割合が増えているのは、ワクチン接種が進んでいることも一因のようだ。

#ニュース4Uの特集ページはこちらから

読者のみなさんから寄せられた身近な疑問を深掘り取材していきます。

 一方、「打ちたいけどまだ予約が取れない」と不満を漏らすのは兵庫県の主婦(39)。「大企業に勤めている人は同年代でも職域接種で打てているのに、不公平。去年からずっと巣ごもりで子どもがかわいそうなので、感染対策に気を付けて同じ関西圏内を旅行します」とした。

 この夏も自宅や近場で過ごすと回答した人は多い。岐阜県多治見市の会社員男性(61)は「何も予定はない。断捨離でもします」。静岡県焼津市養護教諭の女性(39)は「近場でご飯を食べたり、テイクアウトを楽しんだりして過ごす」と答えた。

 23日、東京五輪が開幕した。緊急事態宣言下にある東京都の主婦(48)は「この夏も巣ごもり。オリンピックをテレビ観戦するくらいしか楽しみはありません」と答えた。

65%が「五輪楽しめそうにない」

 アンケートでは、五輪を楽しめそうかどうかについても質問。「はい」と答えたのは55人(10%)、「いいえ」は371人(65%)、「わからない」は144人(25%)だった。

 東京都の20代の男性は「は…

この記事は有料会員記事です。残り723文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
#ニュース4U

#ニュース4U

「#N4U」取材班が読者の皆さんから身近な疑問や困りごとを募集し、SNSで情報交換しながら深掘り取材します。[記事一覧へ]