第3回高校生が故郷に思いをはせ吟じる「ふくしまの復興」 

黒田健朗
[PR]

 第45回全国高校総合文化祭が7月31日から和歌山県で開催されます。検温や一般観覧の制限などの感染対策を取りながら、全国から高校生が集い、日頃の成果を披露します。全22部門の参加校の一部を紹介します。

 詩に節をつけて朗々と歌う「吟詠」と、吟詠に合わせて刀や扇を用いて舞う「剣詩舞」を組み合わせた伝統芸能「吟詠剣詩舞」。この部門には福島県から東日本国際大学付属昌平高校、日本大学東北高校、尚志高校、県立郡山高校、県立安積(あさか)黎明(れいめい)高校の計5校10人が合同で出場する。

 東日本大震災からの復興の思いも込め、四つの独吟と一つの詩舞による構成吟「ふくしまの復興の火は燃えて」を披露する。猪苗代湖や磐梯山など、福島の情景が盛り込まれている。

 今回のメンバーの半数以上を占めるのが、昌平高校詩吟部の6人だ。独吟「ああ塩屋岬」を披露する部長の佐藤凜(りん)さん(3年)は付属中学校の授業で詩吟に興味を持ったことがきっかけで、入部した。「漢詩など昔の文に触れることができ、受け継いでいかなければならないことを学べるので楽しいです」

 構成吟の最後を締めくくる詩舞「福島八景」には昌平高校の5人と、舞士の尚志高校の1人が参加。両校は直線距離で約60キロ離れており、本番までに全員がそろって練習できる機会は2回だけだ。昌平高校の副部長、佐藤千華さん(3年)は「踊る人も合わせやすいように吟じたい」と話す。

 千華さんは福島第一原発から20キロ圏内の富岡町に自宅があった。原発事故後、10年以上足を踏み入れていない。本番では自然豊かな富岡のことも思いながら吟じるつもりだ。「福島の美しいところやいいところをたくさん伝えたい」(黒田健朗)

連載わかやま総文2021(全20回)

この連載の一覧を見る