初芝橋本がサヨナラ、7点差ひっくり返す 和歌山大会

滝沢貴大
[PR]

(21日、高校野球和歌山大会 初芝橋本8-7和歌山工)

 初芝橋本が九回に4点を奪い、和歌山工を相手にサヨナラ勝ちを収めた。後半に激しく追い上げ、7点差をひっくり返した。サヨナラ試合は今年の選手権和歌山大会では初。

 7点を追う六回裏無死一、二塁の場面で、4番・井谷匠吾君(2年)に卯滝逸夫監督が出したサインは送りバント。三塁方向にうまく転がして好機を広げ、続く馬場井翔真君(3年)の適時打で1点を返した。井谷君は二回に失点につながる失策をしていた。「僕のせいで負けてしまうと思った。絶対に取り返すぞ、という気持ちだった」

 六回に3点、八回に1点を奪い、4―7で迎えた九回裏。先頭打者の代打・佐々木蓮君(3年)が中前安打で出塁すると打線がつながった。無死一、二塁から再び犠打で走者を進め、井谷君の右前適時打などで同点に追いつくと、押し出しの四球で8点目を奪った。サヨナラのホームを踏んだのは井谷君だった。生還後、味方と抱き合って喜んだ。

 2年前に就任した卯滝監督は、京都の北嵯峨や鳥羽を甲子園に導いた名将。「生徒たちが本当によく頑張ったと思う」とねぎらった。流れを呼び込んだ二つの犠打について、「定石。併殺を奪われたくなかったので。生徒たちにはまずは1点、2点を取りにいこうよと言っていた」。

 次戦の相手は智弁和歌山。昨夏の独自大会決勝で敗れた相手だ。馬場井君は「先輩方の借りを返したいし、自分たちも新人戦で負けているので、そのリベンジもしたい」。(滝沢貴大)