小山田氏関わるNHK番組、10年前にいじめ指摘も継続

会員記事

宮田裕介
[PR]

 NHKは21日、ミュージシャンの小山田圭吾さんが関わるEテレの教育番組に対し、東京オリンピック(五輪)開会式の作曲担当辞任の原因となった障害者らへのいじめを語ったインタビューを問題視する指摘が10年前に視聴者からあったことを明らかにした。当時は本人の反省を理由に放送を継続したが、今回の辞任後に20日から放送を見合わせている。

 小山田さんはEテレの教育番組「デザインあ」と「JAPANGLE(ジャパングル)」の音楽にかかわっており、NHKは20日、両番組を別番組に差し替え、当面の間放送を見合わせることを明らかにしていた。

 このうち「デザインあ」は放送開始の2011年と17年に、視聴者からインタビューについて指摘があったという。11年にはスタッフが小山田さんの所属事務所関係者から「本人が重々反省している」といった説明を受け、当時はその説明を受け入れて放送を継続したという。

 正籬(まさがき)聡放送総局…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。