日テレ「スッキリ」に放送倫理違反 アイヌ発言でBPO

会員記事

上田真由美
[PR]

 日本テレビの情報番組「スッキリ」でアイヌ民族を傷つける表現があった問題で、放送倫理・番組向上機構BPO)の放送倫理検証委員会(小町谷育子委員長)は21日、「明らかな差別表現を含んだもの」で、放送倫理違反があったとする意見書を公表した。

 審議の対象になったのは3月12日の放送。アイヌ女性を描くドキュメンタリーを紹介した際、お笑い芸人が「この作品とかけまして動物を見つけた時ととく。その心は、あ、犬」と発言。民族名に「犬」という言葉をかけた、昔からある差別的表現だと批判があがっていた。

 意見書は「放送はアイヌ民族に対する明らかな差別表現を含んだもの」と指摘。収録映像の最終チェック体制が極めて甘く、アイヌ民族やその差別問題に関する基本的知識がスタッフ間で決定的に不足していたと判断した。

 小町谷委員長は日本テレビへ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。