東京五輪の開会式、950人出席へ 1万人から大幅減

[PR]

 23日午後8時に始まる東京オリンピック(五輪)の開会式(東京・国立競技場)に出席する国際オリンピック委員会(IOC)委員などの大会関係者について、大会組織委員会は21日、約950人になるとの見通しを発表した。当初は1万人規模を想定していたが、大幅に削り込んだ。

 組織委によると、950人の内訳はIOC委員、各国の来賓や各国・地域のオリンピック委員会の役員ら海外の関係者が800人。菅義偉首相小池百合子都知事ら国内関係者が150人という。

 開会式は無観客で実施されることが決まっていて、「別枠」となる関係者の扱いが注目されていた。スポンサー企業や財界首脳の間では、開催反対の世論や消費者の反発への警戒も出て、開会式を欠席する動きが広がっていた。