こんな秋なんか… かこさとしさん、戦争描いた未発表作

有料会員記事

松本紗知
[PR]

 こんな秋なんかないほうがいいんだ――。だるまちゃんシリーズなどで親しまれ、3年前に92歳で亡くなった絵本作家かこさとしさんが、自身の戦争体験をもとに描いた未発表の紙芝居が、このほど見つかった。家族によると、かこさんが戦争を直接題材にした作品は、これまで確認されていないという。見つかった作品は、絵本「秋」として、29日に講談社から出版される。

1944年、秋…

 ヒガンバナの行列に、風の中の赤トンボ。うろこ雲が遠くまで続き、野原にはノギクが咲き乱れる。絵本「秋」は美しい秋の情景から始まり、その後、18歳だったかこさんが体験した、1944年秋の出来事へと続いていく。

 空襲が相次ぎ、食べるものにも事欠く日々。そんなさなか、盲腸炎になった「私」の手術を担当してくれた医師の先生に召集令状が届いたこと。くっきりと晴れた秋の空に、墜落する戦闘機と、落下傘が開かずそのまま落ちていった飛行士の姿を見たこと。そして、召集された先生が戦死したという知らせ。

 一番好きな季節の秋なのに「青い空や澄んだ秋晴れは、戦争のためにあるんじゃないんだ」「空襲や戦争のために、青く澄んでいるなら、こんな秋なんかないほうがいいんだ」と、強い憤りがつづられている。

 作品は去年の春、かこさんの長女の鈴木万里さん(64)が自宅を整理していて見つけた。

 原画の表紙には、水色、ピンク、黒の3色で描かれた「秋」の文字。記録された日付によると、絵本作家としてデビューする以前の、53~57年にかけて制作されたものだった。

 当初は紙芝居として作ったが、82年には改訂を加えて、絵本の形で出版しようとしていたことも記されていた。出版社は不明だが、「出版することができず申し訳ない」といった内容の、編集者からと思われる手紙も入っていた。

 「父がこの作品を世に出したいと強く願っていたことがわかり、私としても、今、世に出しておくべきではないかと考えた」と鈴木さん。子どもの本の作家たちが戦争について書いた「子どもたちへ、今こそ伝える戦争」(2015年、講談社)に、かこさんがつづった内容と重なる部分もあったことから、講談社に相談し、出版が決まった。

「漫然としていては平和は守れない」

 今作は、一般的に知られたか…

この記事は有料会員記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。