スズキとダイハツ、商用車「トヨタ連合」に資本参加

有料会員記事

千葉卓朗
[PR]

 トヨタ自動車とスズキ、ダイハツ工業は21日、トラックの先端技術と物流効率化システムを共同で開発すると発表した。トヨタが、傘下の日野自動車、国内トラック最大手のいすゞ自動車との共同出資で4月に設立した合弁会社に、スズキとダイハツが出資する。

 スズキとダイハツは軽トラックの主要メーカー。いすゞと日野は両社でトラックの国内シェアの計約8割を占める。トヨタは、自動運転や電動化といった次世代技術CASEの開発で先行する。5社協業によって、あらゆるサイズの商用車を対象にした先端技術開発を進める狙いだ。

 発表によると、スズキとダイハツは合弁会社に10%ずつ出資する。ほかの3社の出資比率は、トヨタ60%、いすゞと日野が10%ずつになる。スズキといすゞはトヨタと業務資本提携を結んでおり、ダイハツと日野はトヨタの子会社。商用車の技術開発分野で「トヨタ連合」が拡大した形だ。

 協業の目標の一つは、商用車

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。