五輪ソフト川畑、母校も応援 窓開け声出しは1人だけ

有料会員記事ソフトボール

具志堅直
[PR]

 東京五輪の開幕に先駆け、福島県で21日午前にあったソフトボールの日本―豪州戦に、内野手として出場した川畑瞳選手(デンソー)の母校・神村学園(鹿児島県いちき串木野市)では、生徒ら400人がテレビ観戦し、声を出さずに応援した。

 この日は終業式で全校生徒が登校。観戦は新型コロナ対策のため3年生とソフトボール部員に限定し、いすの間隔をあけて消毒を徹底。窓も開けて行われた。

 高等部の山田浩一校長は「全校生徒が一緒になって感動を味わってもらいたかったけど、やむを得ず最後の年の3年生だけにした。心の中でしっかり応援してほしい」と話した。

 大声を防ぐため、ソフトボール部の主将久保初希さん(17)が1人だけ声を出すことに。マスク越しにマイクで「がんばれ、がんばれ、カ・ワ・バ・タ!」と声援を送り、生徒たちは手拍子で合わせた。

 試合は8―1のコールド勝ち。久保さんは「先輩がオリンピック代表になったのは私たちの誇り。これからの活躍が楽しみです」と期待を寄せた。

 この日は川畑選手の父で同校…

この記事は有料会員記事です。残り160文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら