元阪神・横田さん、球児にエール「幸せな瞬間、必ず」

奥村智司
[PR]

 高校野球鹿児島大会は24日、準決勝を迎える。鹿児島実業OBで、元阪神タイガース選手の横田慎太郎さん(26)は8年前の夏、決勝の舞台に立った。2度の大病を乗り越えた今、「元気をもらっている」という球児たちにエールを送る。

 横田さんは、プロ野球で活躍した父親の真之さん(58)の影響もあり、プロ野球選手になるのが夢だった。「厳しい環境で成長したい」と強豪校の鹿実に進み、1年の秋から4番に抜擢(ばってき)された。甲子園には届かず、2、3年とも夏は決勝で敗れた。最後の試合はサヨナラ負け。「悔しくて寮の部屋に閉じこもり、ぼうぜんとしていた」

 球児としては届かなかった甲子園だが、ドラフト阪神タイガースから指名を受け、夢舞台へ。走攻守そろった大型選手として期待を集めたが、2017年のキャンプで体に不調を来し、脳腫瘍(しゅよう)と診断された。

 闘病を経てグラウンドに復帰したが、球が二重に見えるなど目の状態が戻らず、19年に引退した。故郷の鹿児島に戻った横田さんをさらに試練が襲う。20年夏に脊髄(せきずい)腫瘍が判明し、再び半年の闘病に入った。

 今も足にしびれが残るが「まだ26歳。絶対に元の体に戻す」と前を向いて療養の日々を過ごす。最近、「元気をもらっている」というのが鹿児島大会を戦う球児たちの姿だ。「打つ、投げる、走るがすべて全力で、感動する」。真之さんが監督を務める鹿児島商は敗退したが、鹿実は4強に勝ち上がった。

 横田さんは5月、「奇跡のバックホーム」(幻冬舎)という本を出した。19年9月の引退試合で外野守備につき、正面に飛んで来た打球を本塁に返球。ダイレクト送球で走者を刺した「野球人生のベストプレー」をつづった。「もう一度試合に出ることを目標に必死で練習していた。それが報われた幸せな瞬間だった」

 夏、全国で一度も負けないチームはひとつだけ。多くの球児が「まだ終わりたくない」と涙をのむ。プロ野球選手という幼い頃からの夢に病気でピリオドをうった横田さん。球児へのメッセージを寄せてくれた。

 「甲子園をめざして戦う姿勢が大事。負けて得られるものも必ずある。目標から逃げずに少しでも前に進んでいけば、『幸せな瞬間』が必ず訪れると思う」(奥村智司)