「復興五輪は破綻している」 被災地と絶たれたつながり

有料会員記事

斉藤佑介、荒海謙一 力丸祥子
写真・図版
ソフトボールの日本―豪州戦は無観客で行われた=2021年7月21日午前、福島県営あづま球場、朝日新聞社ヘリから、迫和義撮影
[PR]

 観客のいないスタンド。「復興五輪」というフレーズに思い描いたのは、こんな光景だっただろうか。東日本大震災の被災地、宮城・福島で21日、東京五輪の開幕に先立つ競技が始まった。震災から10年。被災者たちの思いが交錯した。

満開迎えるも無観客 何度も「残念」

 福島県営あづま球場(福島市)では、ソフトボールの日本―豪州戦があった。藤田倭(やまと)選手は「福島の地でソフトボールが出来るのがうれしい」と試合後に話した。

 三回裏、内藤実穂選手が2点本塁打を放つと、日本側ベンチから拍手や歓声がわきあがった。その音がよく球場に響く。取り囲む約1万4千席の観客席は無人。組織委員会は盛り上げの一助にと、ベンチ裏に設置したスピーカーから「ざわざわ」と人混みのようなノイズ音をわざと流し続けた。

写真・図版
球場の観客スペースに設置されたスピーカー=2021年7月21日午後4時33分、福島市の福島県営あづま球場

 球場の近くに住む阿部保昭さん(77)は「復興に向かう姿を多くの人に見てほしかった」と無念さをにじませた。

 地域起こし団体の会長として…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。