発見のウガンダ選手、帰国へ 「帰らない」でも説得され

有料会員記事

西江拓矢、野崎智也
[PR]

 東京五輪出場に向けてウガンダ選手団の一員として来日後、大阪府泉佐野市のホテルから行方不明となり、20日に三重県内で警察官に発見された重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)について、同市は21日、同日夜に成田空港を出発してウガンダへ帰国すると発表した。

 警察関係者によると、同選手は三重県警四日市南署で一時保護された後、ウガンダ大使館(東京都渋谷区)に近い警視庁渋谷署に車で移送されたという。泉佐野市の職員が21日に都内で、男性の身元を同選手と確認し、引き受けたという。

 泉佐野市の千代松大耕市長は21日夕、「大使館に引き渡し、(市職員と)大使館の車で成田へ移動する」と記者団に明らかにした。同選手は当初、「帰国したくない」と話していたが、選手団などの説得を受け、帰国を決めたという。

 千代松市長は、同選手がホテ…

この記事は有料会員記事です。残り285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら