オンライン就活の「珍ルール」 退出はいちばん最後に?

有料会員記事

井上昇
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、就職活動では「オンライン面接」が定着しました。それに伴い、学生たちの間で新たな「珍ルール」も広がっています。内定を得やすくなるならと従う人も多い一方、細かすぎたり矛盾したりするルールには戸惑いの声もあがっています。

 都内の私立大学に通う女子学生(21)は6月、オンライン面接の30分前にパソコンを立ち上げた。オンライン会議システム「Zoom」の「設定」画面で、自身が相手にどう映るかの事前の確認は欠かせない。

 背景に家具などが映らないよう、本棚を部屋の隅に動かした。さらに、カメラの向きや照明器具の位置を調整。画面を何度ものぞき、ベストな状態になっていると確認した。こうした準備は「多くの友達がしていて、自分もやるのが当たり前だと思っている」。

 コロナ禍で、面接の形式が大きく変わった。昨年の就活(2021年卒)で始まったオンライン面接が、今年(22年卒)は定着してきた。政府が要請する就活ルールでは6月に採用面接が解禁。複数回の面接を全てオンラインで実施して内定を出した企業も多い。

 「明るい印象を与えるために、自分に強い照明を当てた方が良い」「受け答えに詰まらないようカンペを用意する」「画面の枠におさまるジェスチャーを心がける」――。オンライン面接をうけるにあたって面接担当者に良い印象を与えようと、こうしたことを心がける就活生は少なくない。

 一方で学生たちが戸惑う「珍ルール」もある。

 就活を終えた都内の女子学生(22)は、就活中にこんな経験をした。

 面接担当者1人に対して学生3人が臨んだオンラインの「集団面接」でのこと。面接が終了し担当者が画面からの「退出」を促したが、学生は数分間、誰も出ていかなかったという。

 なぜそうなったのか。女子学…

この記事は有料会員記事です。残り1343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら