第4回障害者施設に住民は反対次々 顔出し出演決めた入居者

有料会員記事

有近隆史
[PR]

 「精神障害者 大量入居 絶対反対」。そんな文字が書かれたいくつもののぼりがスクリーンに映し出された。

 ドキュメンタリー映画「不安の正体 精神障害者グループホームと地域」(飯田基晴監督)の上映会が今月、あった。上映会は、精神障害者の共同生活の場である「グループホーム」を運営する川崎市多摩区社会福祉法人「SKY(スカイ)かわさき」(三橋良子理事長)の設立を記念して行われた。のぼりはNPOだった同法人が7年前にグループホームを開設しようとした時に立てられたもので、反対運動の影響もあり、開設が半年ほど遅れたという。

「家の価値が下がる」住民が運営者に詰問

 別の法人が建設を予定してい…

この記事は有料会員記事です。残り1465文字有料会員になると続きをお読みいただけます。