かつて地ビール、いまクラフトビール 人気再燃支える技

有料会員記事

八鍬耕造
[PR]

数字は語る

 コロナ禍で、飲食店での酒類の提供をめぐる「逆風」がやまない。ただ、地ビール醸造所数は右肩上がりだ。日本地ビール協会(兵庫県西宮市)によると、2020年12月末現在で全国に470カ所。18年末が384カ所、19年末は427カ所だった(稼働中のみ)。コロナ禍以前からの計画も多く、増加ペースは鈍らないという。

 小規模醸造が1994年に解禁され、新潟県に日本初の地ビールが誕生したのは翌95年。2000年ごろには300カ所を超えたが、その後は下火に。協会の山本祐輔理事長(46)によると、当時は知識も十分ではなく「品質が上がらないものもあった」という。

 作り手たちが、地ビールを「…

この記事は有料会員記事です。残り621文字有料会員になると続きをお読みいただけます。