「見えてない」3歳でわかった娘の左目 悩んだ両親は…

有料会員記事

鈴木彩子
[PR]

 「あれ、ふざけてるのかな?」

 東京都の会社員女性(39)は2年前、自宅で長女(4)の視力検査をしながらそう感じた。

 自治体の3歳児健診を受ける前に、家でやってほしいと送られてきたものだ。

 片方の目にティッシュをあてて隠し、もう一方の目で、少し離れた影絵のイラストを見る。

 右目は「ちょうちょ」「おさかな」とすらすら答えていたのに、左目を試すと「ウッディ」と、映画の登場人物の名前を言ってくる。「ウッディなんて、いないよ」と返すと、もじもじしていた。

 「疲れちゃったのかな」。その時は、深く考えなかった。

 保健所の健診の場で、もう一度検査を受けた。長女の答えはやっぱり同じだった。

 右目は正解するのに、左目は答えが合わない。

 「もしかしたら見えづらいのかもしれません」と言われ、病院を受診するよう勧められた。

 2019年10月、総合病院の眼科を受診した。

 「ちゃんと診てもらえば、本当は見えてるって、わかるはず」。そう考えていた。

 検査のあと、医師に呼ばれた。告げられたのは、まったく想像していなかった言葉だった。

 「おそらく、先天性の白内障

この記事は有料会員記事です。残り4367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。