ソフトボール、日本がサヨナラ勝ち 延長八回、メキシコに3-2

ソフトボール

[PR]

 東京オリンピック(五輪)は22日、ソフトボールの1次リーグ日本(世界ランキング2位)―メキシコ(同5位)戦が福島県営あづま球場(福島市)であり、日本は延長八回、タイブレーカーの末、3―2でメキシコにサヨナラ勝ちした。

 日本は二回裏、藤田倭(やまと)の左越えソロ本塁打で先制。同点に追いつかれた直後の五回裏、我妻悠香の適時二塁打で勝ち越した。七回表、初戦に続き先発した上野由岐子が同点打を浴びたところで降板した。

 試合は七回で決着がつかず、タイブレーカーに突入。延長八回裏、一死三塁から渥美万奈の適時内野安打でサヨナラ勝ちした。

 日本は1次リーグ2連勝となった。