オリンピック開会式、橋本会長「やらせていただきたい」

[PR]

 東京オリンピック(五輪)で開閉会式のディレクターを務める小林賢太郎氏(48)が、ナチスによるホロコーストユダヤ人大虐殺)を揶揄(やゆ)する表現を過去に用いていたとして解任された問題で、22日に記者会見した大会組織委員会の橋本聖子会長は、「開会式はやらせていただきたい」との意向を示した。開会式は23日午後8時から、国立競技場東京都新宿区)で開かれる予定。

 橋本会長は会見の中で、開会式をすべて取りやめる可能性について問われた際、国際オリンピック委員会(IOC)と協議中とした上で、「(開催を)お許しいただきたい」と述べた。組織委は22日中に、開会式の方向性を示したいとしている。

 今回問題となったのは、小林氏がお笑いコンビ「ラーメンズ」として活動していた時のもの。コントの中で「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」というセリフを用い、その動画がインターネット上で拡散。批判が集まっていた。コントは1998年に発売されたビデオに収録されていた。

 小林氏は、女性タレントの容姿を侮辱するメッセージを演出チームのLINEに送ったとして辞任した統括プロデューサー佐々木宏氏のもとで演出を担当。演出全体の調整役を務めていた。単独で企画した部分はないが、橋本会長は「(演出)全体を早急に見直しながら、早急に協議し結論を出したい」とした。

 組織委は、21日深夜から22日未明に小林氏の発言を把握したとしており、22日午前11時半ごろ解任を発表。「過去に、歴史上の痛ましい事実を揶揄するせりふを使用していたことがわかった」と説明した上で、「開会式が目前に迫る中、このような事態となり、多くの関係者、都民・国民の皆さまにご迷惑・ご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」とするコメントを出した。