東京で新たに1979人が感染 33日連続で前週上回る

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都は22日、新型コロナウイルスの感染者を新たに1979人確認したと発表した。1900人を超えるのは1月15日(2044人)以来。過去5番目に多い人数となった。前週の木曜日(15日)よりも671人多く、前週の同じ曜日を上回るのは33日連続。22日までの1週間平均の新規感染者数は1373・4人で、前週の155・7%。東京オリンピック(五輪)の開幕が23日に控えるなか、東京の感染者数は2千人に迫りつつある。

 都内でのリバウンド(感染再拡大)は、7月に入ると本格化した。7日に5月13日(1010人)以来、初めて900人を上回ると、1週間後の14日に1149人と約2カ月ぶりに1千人を突破。その後は上昇ペースが加速し、21日には1832人と1月16日以来の1800人超えとなっていた。

 都内の感染者数は今後も増加するとみられ、過去最多となった1月7日の2520人を超える可能性が出てきた。政府の分科会の尾身茂会長は、8月第1週には過去最多の3千人近くまで増加するとの見通しを示している。都の担当者も22日、「大きく増えることはあっても、減ることはないという認識だ」と述べた。

 一方、ワクチン接種が進む高齢者の感染は減り、人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO)を使用とする都基準の重症者数は22日時点で65人。ピークだった1月20日の160人と比べると、いまだ低い人数で抑えられている。

 ただ、入院患者数は22日時点で2544人に上り、1カ月前の1282人から急増。2月12日以来2500人を超えた。また、21日にあった都のモニタリング会議では、自宅療養者が3657人に増え、前週と比べて倍増したと報告された。感染者の急増が止まらないなか、今後は医療提供体制の逼迫(ひっぱく)を防げるかが焦点となる。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]