プレーブック違反、数人が1日資格停止 注意に応じず

[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会は22日、これまでに選手や大会関係者の行動ルール(プレーブック)に違反した数人について、国際オリンピック委員会(IOC)が発行する資格認定証(アクレディテーション)の効力を1日停止したと明らかにした。効力が停止されると会場などに入れなくなる。

 この数人は、組織委の注意に複数回にわたって応じなかったという。具体的な違反の内容や、数人の国籍などは公表していない。今後、悪質な事例はIOCと相談して公表する方針という。

 組織委はこのほか、関係者が宿泊するホテルに掲示していた、入国後の隔離期間中でも15分以内の外出は許可すると読み取れる案内を撤去したと明らかにした。ホテル周辺のコンビニの見回りなどを強化する方針という。