ホロコースト揶揄に外相談話「五輪の目標と相いれない」

[PR]

 東京五輪で開閉会式のディレクターを務める小林賢太郎氏が、過去にホロコーストユダヤ人大量虐殺)を揶揄(やゆ)する表現をしていたことを受けて解任された問題で、茂木敏充外相は22日、談話を発表した。

 談話では「ホロコーストの悲劇は、人類史の中でも類を見ない残虐行為だった」としたうえで、揶揄する表現について「極めて不適切であり、受け入れられるものではない。五輪・パラリンピックが目指す『団結』『共生社会の実現』という目標とも全く相いれない」などと指摘した。