独自

森元首相に「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委が検討

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックの大会組織委員会が、前会長の森喜朗元首相を「名誉最高顧問」に就ける案を検討していることが分かった。大会開催に果たした功績や、期間中の海外要人の接遇役も念頭に置いたものという。ただ、森氏は「女性蔑視発言」で会長を辞任した経緯がある。国内外で大きな批判を招く可能性があり、政府などに強い反対論も出ている。

 複数の組織委や政府関係者が明らかにした。森氏が2014年から今年2月まで組織委会長を務めた功績を踏まえ、安倍晋三前首相と同じ組織委の「名誉最高顧問」としたい考えで、組織委幹部と政府側が水面下で調整している。組織委幹部は「安倍氏と同じような肩書にどこかで就いてほしいと思っている。ここまでやってくださった方。処遇しないとならない」と話した。森氏が海外の五輪関係者とのパイプを持つことから、大会期間中の関係者との接遇を考え、役職が必要との声も上がっているという。

 森氏は23日の五輪の開会式には「功労者」として出席する予定という。21日には福島県営あづま球場(福島市)でのソフトボール競技を視察している。18日には東京・迎賓館であった国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らの歓迎会に菅義偉首相小池百合子東京都知事らとともに出席した。加藤勝信官房長官は19日の記者会見で森氏について「元総理の立場で参加をされたと聞いている」と述べている。

 森氏は会長だった今年2月…

この記事は有料記事です。残り162文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2021年7月23日10時48分 投稿
    【視点】

    【視点】 政治の世界では、人事面の処遇の検討にとても大きなエネルギーをさきます。「政治家はポストで動く」と言われるほど、人事に強い関心を持つ集団だからです。記事中にある「ここまでやってくださった方。処遇しないとならない」という組織委幹部の言

  • commentatorHeader
    長野智子
    (キャスター・ジャーナリスト)
    2021年7月23日8時58分 投稿
    【視点】

    森氏が辞めた理由について、組織委が「たいしたことはない」「なぜあれだけの貢献者が、あの程度の発言で辞めなければならなかったのか」と考えていることがよくわかるニュース。「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」「女性っていうのは優